中島美嘉 歌詞

経験を重ね成長した中島美嘉とその歌詞力

私が中島美嘉の曲を好きになった理由の一つは歌詞です。彼女の歌詞には何か独特なものがあり共感するところが多くあります。その歌詞を中島美嘉自身で書いている事を知り、更に好きになりました。たぶん私のように中島美嘉の歌詞が好きと言うファンは多いかと思います。歌詞に込められた一つ一つの言葉が深く心に残り、特に『愛してる』の歌詞が私は一番好きです。

中島美嘉のプロフィールに目を通してみると、彼女は鹿児島県に産まれ高校には進学せずに音楽を続ける為にアルバイトをしながら音楽の勉強をしたそうです。ちなみにアルバイトはモデルの仕事やファーストフード店等を経験したらしいのですが、ファーストフード店でレジを打ちミスをしてしまいお客様からクレームが来て厨房に回されたと言う話もあります。その時の店長さんがテレビのインタビューで語っていた事が中島美嘉は「会うたびに髪の色が変わっていた」と言う話をしていたそうです。それでもその店長さんはとてもいい人で、中島美嘉が異動になった時の送別会で泣きながら「行かないで」と話していたそうです。そういう経験をしながら彼女は成長してきたのだなぁと感じました。それを踏まえて今後も大きく羽ばたいて欲しいとインタビューで語っていたのが印象的でした。

<< 1 2 3



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。